プロミスには初回30日無利息サービスが付いています。でもそのままでは初回30日無利息サービスを利用できません。

 

利用方法は簡単!会員サービスにログインしてメールアドレス登録とWeb明細利用の登録するだけ。


すぐに利用したい場合は二通りの方法があります。

即日振込で融資を受ける場合の無利息サービスの利用方法

申込日に振込融資を受ける場合の無利息サービスの利用は注意が必要です。まず注意しなければいけない事は、

 

申込日当日の即日振込は平日14:00までに契約を完了しなければなりません。


振込みという行為は金融機関の営業行為ですので、どうしても金融機関の営業時間が関係してくるので他のカードローンでもこの条件はほぼ変わりません。

逆に銀行のカードローンでは提携関係もあり、時間的にも振込可能な金融機関もプロミスよりは不利になり、さらには振込融資不可能なところさえあります。更にプロミスでは瞬フリという振込サービスがありますので、

 

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

どちらかの口座への振込融資であれば、口座登録する事で24時間365日最短10秒で振込融資が可能になります。


それらの即日振込の注意事項を理解した上で無利息サービスを利用するには、カード発行は郵送でなされる事に注意しなければなりません。

瞬フリを利用する場合も、無利息サービスを利用する場合も、会員サイトでの操作が必要になりますので会員番号が必要になります。この会員番号がプロミスのカード番号になります。

 

なのでカードが郵送される振込融資の場合はオペレーターにカード番号を聞いておく必要があります。


プロミスに申込むと審査を経て、申込内容の電話が掛かってきます。この場合ほぼプロミス側で出来る与信審査は通っていますので、後は在籍確認のみのなります。

 

この時に契約後に振込融資を受けたいからカード番号を通知して欲しいとオペレーターに相談しておくといいでしょう。


自動契約機でカード発行をして即日融資を受ける場合の無利息サービスの利用方法

自動契約機でカード発行する場合は、カードを発行する訳ですから問題なくプロミスの会員サイトにログインの心配は必要ないですよね。

ただし、カード発行してその場にATMがありますのですぐ借りますよね。その前に会員サイトでの作業が必要なのでスマホが必要になります。

 

自動契約機でカード発行する場合はスマホさえ持っていればその場で無利息サービスの利用も可能です。


プロミスの初回30日無利息サービスの利用のポイントが分かれば申込

  1. プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

    プロミスレディース
    実質年率 年4.5%~17.8% 借入限度額 最高500万円

    プロミスでお金を借りたら初回30日無利息サービスが付いてきた!
    プロミスでお金を借りると、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で初回30日無利息サービスが利用可能です。初回の借入の翌日から30日無利息になるので、他社無利息サービスのように無利息機関が減ることもありません。
    銀行カードローンが即日融資不可能になるなど、金融庁に大幅に規制されて利便性を失っている今、大手消費者金融の中でも金利の低く、瞬フリや多数の自動契約機などで有利なのがSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスです。

プロミスですぐにお金借りたい時はネットからが早いのです!

プロミスですぐにお金が必要なときは直接店舗に行くよりもネットから申込んだ方が早くて確実。

 

プロミスなら大手銀行のカードローンの保証会社もしているから審査能力も抜群。


平日14:00までにネット申込後に契約を完了すれば即日振込も可能(審査結果による)なのですぐにお金が必要なときも安心。

もちろんこの時間を過ぎてしまってもすぐにお金が必要なときは、まずネット申し込みをし、オンライン契約を完了してから最寄りの自動契約機へ行きましょう。プロミスは自動契約機の数も業界随一なのできっと近くにあります。

そうすれば自動契約機にて即日カード発行が可能なのですぐにお金が必要なときはその場でATMで引き出せます。初回30日無利息サービスもスマホなどでその場でメールアドレス登録とWeb明細利用の登録すれば利用できるので、今すぐ低金利に借りれます。

最近プロミスの『瞬フリ』が話題になっていますが、カードを申込まないとサービスが利用できませんのでご注意ください。もちろんオンライン契約が完了すればカード番号さえ聞いておけば『瞬フリ』が使えますので契約完了時にオペレーターにカード番号を伝えてもらうようにして置いてください。

 

ただし三井住友銀行口座、若しくはジャパンネット銀行口座を持っていないと瞬フリは利用できません。


即日振込可能時間が過ぎても三井住友銀行口座、若しくはジャパンネット銀行口座ならプロミス会員サイトで登録する事で利用可能な『瞬フリ』で解決です。

土日祝日などの会社の休日でもプロミスですぐにお金を借りることができます

プロミスは24時間365日のインターネットから申込が可能となっており、休日であっても審査を受けることができます。

 

審査は晩になると翌日に持ち越すことがあるのでなるべく早めに審査を申込むのがコツです。


申し込みに関しては自動契約機とホームページからに限られますが、審査は通常通り行われます。審査時間も早く、審査可能な時間についても20時~21時くらいまで(未調査)されていますので、安心して利用できます。

 

しかしちょっとした疑問を感じます。土日祝日などの会社の休日でもプロミスでは申し込めるのか?


休日に審査が行われるのはわかりましたが、在籍確認はどのようにして行っているのかという点です。基本的に土日祝日は企業も休みとなっており、事務所の担当者がいない可能性は非常に高くなっています。それなのに休日に申し込んでも大丈夫なのかということを思うのではないでしょうか。

 

これについては安心してください!プロミスでは在籍確認の電話を別の確認方法で相談することも可能ですので、会社が休みの場合でも別の在籍確認方法を取る事もできます。


他のカードローンでは、勤務先の休業日で在籍確認の電話ができない場合は、勤務先の翌営業日の確認になってしまいますので、その日の内に契約することが出来ずに融資もそれまで不可能になってしまいます。

他のカードローンは在籍確認が取れるまでの間は契約・利用はできないのですが、プロミスは別の確認方法を相談することによって、契約完了・融資も可能ということなので土日祝日の申込にかなりのアドバンテージがあります。

 

このようにプロミスでは土日祝日でも申し込み・契約も可能であることは間違いないのです。


平日に付き合いで飲みに誘われたりしてお金を借りることも多いと思いますが、土日祝日などの会社の休日にお金を借りる用事も多いので、プロミスはおすすめのカードローンと言えます。

日本貸金業協会

プロミスでお金を借りる前に借入診断で自己診断

プロミスの新規申込の前に借入診断と返済シュミレーションという機能で自己診断といいますか申込む前に融資可能かを診断してくれます。全くの新規の場合はこういった返済シュミレーションなどでプロミス審査での返済可能かを自己判断する事が大事です。

 

なぜなら返済計画が壊れると多重債務を抱える事になるからです。


返済計画を甘くみた挙句、身動きがとれなくなった例をあげてみましょう。例は総量規制前の話です。

私の知人の話ですが、知人はギャンブルが好きで給料のほとんどをギャンブルに注ぎ込んでいました。ギャンブルといってもパチンコや競馬などで結構負ける時には直ぐにお金を失ってしまうパターンです。

その知人は最初、自己資金でギャンブルを楽しんでいたのはよかったのですが、つい安易な気持ちでカードローンを申し込んでしまったのです。当初、他に借入の無かった知人はプロミスでフリーキャッシングに申込ました。ここで安易だったのは返せるだろうという曖昧な気持ちです。

幾ら借りたら何ヵ月で返済しようとか返済するお金にてをつけない程度でギャンブルを楽しむという強い意志が無かった為に泥沼へはまっていきました。

案の定、返済計画を立てていなかった知人は次から次へと他のカードローンを所持するようななりました。総量規制前だったのでこの頃は何件も持つことができたのでしょう。当初は借りては引き出しを繰り返していた知人はついには返済だけのカードにされてしまいました。

当然そうなると、趣味のギャンブルは一切する事ができず、毎月返済するだけの生活にかわってしまいました。では何故、知人はこのような状態に陥ってしまったのでしょうか?

フリーキャッシングの場合、融資限度内であれば何度でも出し入れができるという便利なカードではあるのですが、ここで勘違いしてしまうのは、返済しても又出し入れができる為、融資が底なしにあるようにも思えてしまう事です。

そういったケースの場合、引き出す事が出来ないじょうたいになってからでは、遅いのです。こういった事態に陥らない為にもきちんと返済シュミレーションをして必ず計画通り返済するという強い意思を持つ事が大事です。

銀行系カードローンと違い消費者金融の審査はどのようなものなのでしょう。銀行系カードローンの審査には大手消費者金融が保証会社になっている事が大半です。主流が銀行系のおまとめローンの審査に違いはあるのでしょうか?

消費者金融ではSMBCモビットの審査で検証してみました。もう一件はプロミスも検証してみました。おまとめローンの審査に関しては総量規制が大きく影響してくるのですが、逆に例外を使えば審査に有利な有利な有利なプロミスがおまとめローンにも適していることが分かるかと思います。

アコムにはフリーキャッシングとは別にクレジット機能のついたアコムマスターカードがありますので利用価値があるんですよ。銀行系ではメガバンクのカードローンの三井住友銀行カードローンや三菱UFJ銀行カードローンが断然低金利ですね。

プロミスでのいろいろな借り方を伝授!体験談

消費者金融の一覧で調べてから申込みました

 

来月、友人と2泊3日の温泉旅行に行くことになりました。が、急に決まった旅行なので既に予約がいっぱい。しかも金曜日出発の日程なので、予算に応じて旅館を選ぶことが全くできない状態です。

だからと言ってせっかくの旅行なのでケチって、安いビジネスホテルに泊まるのも気が進みません。温泉地に行くからには、温泉宿に泊まりたいと思いますものね。ビジネスホテルには素泊まりするだけで、温泉は各旅館の宿泊客以外にも開放されている温泉に入るのも悪くはないプランだと思うのですが・・・。

こんな私たちなので、贅沢を承知でまだ空き室のある高級温泉宿に泊まることにしました。当然、予算はかなりオーバーしてしまいますが仕方ないでしょう。とはいえ私はお金を工面できないので、ここぞとばかりに消費者金融を利用してみようと思います。

正社員だし過去に借金をしたことはないので、消費者金融一覧を調べるとやはりプロミスが一番便利だと判断できましたので、ネット申込後に自動契約機でカードを受け取りました。旅行のためにお金を借りるのは気が引けますが、せっかくの旅行なので楽しんでこようと思っています。